山岳部ロゴ.png

一見さんお断り。とても太い人脈で運営させて頂いております。青森の山を登りましょう。

お知らせ

山岳部忘年会2014

2014/11/04

今年で2年目に突入した山岳部。

これまでたくさんの人とたくさんのヤマを登って参りましたね。

ヤマの樹木の葉が色づき、そして寒風に舞うのを見ながらシミジミしております、師走前。

 

今回は忘年会をやります!

ヤマと仲間は忘れず、年忘れです。

今年背負った、いろんなものが詰まっているザックを下ろして、ラクに呑み語らいましょう☆

 

今回も会場は青森市の「ホテル山上」。

まさに山岳部にピッタリな会場であります。

メンバー/キャプテン、ヤマガミさんの計らいにて特別価格&設定での開催です。

 

青森勝手旅行【山岳部】忘年会「特別価格にて by Gyami」

 

  • 日時:2014年12月27日(土) 18:00〜
  • 会場:ホテル山上(青森市古川3-16-9)
  • 会費:2,000円(お料理代)

 

※2014年度の山岳部登山ツアーに参加した人のみ対象。

※ドリンクは各自お好きなものを持ち込んで下さい。

※そのままホテルに宿泊希望の方は+2,000円。お早めにキャプテン・ヨイチまでご連絡ください。

※お車でご来場する方はなるべく乗り合いの上、最寄りの駐車場をご利用下さい。

 

〆切:2014年12月21日(日)

FBページで投稿、またはキャプテンまでメールでご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。

 

注意:

前回の新年会では、みなさんのお気遣いでたくさんのお酒の持ち込みがありましたが、

結果とても余ってしまいました(*^^*) 適度な持ち込みをよろしくお願いいたします。

 

さて、これから本格的な冬が来ます。雪が降ります。

山岳部ではオフィシャルに雪山登山はいたしません。

なぜなら、

① 雪山用装備は高性能を求められるゆえに高額な出費を強いられる。

② 低温、吹雪、雪崩などキュケン(危険)がいっぱいである。

…からです。

 

そのかわり、冬はまた「ヤマニスト検定」をやります!

(過去問はコチラ

これに合格すると、「年に一度の県外遠征ライセンス」を取得できます☆

不合格だと知識不足とみなされて、青森県でお留守番です。

このライセンスは1年更新ですので、

前回合格した人もちゃんと今回の試験に合格しないとライセンスを剥奪されます。

 

今回は一発試験!追試なし!

70問くらいで、試験期間1ヶ月、90%以上の正答率で合格。

問題発表は2015年2月を予定しております。

 

どうぞそちらも併せてよろしくお願いいたします〜!

ではでは、まずは忘年会でお会いできるのを楽しみにしております。

 

キャプテン・ヨイチ

 

 

 

 

bonju

2014/06/14

これまでの登山ツアーとは一味変わった感じのコンセプトで『県民の森 梵珠山』(標高468m)を登ります。

明るく開けた山頂には芝草が広がり梵珠観音が安置されています。

展望台があり、眺望が得られ、南には青森県最高峰の岩木山、その彼方遠く白神山地、

そして幾つもの峰を連なる八甲田山、、青森市の街並や陸奥湾をへだてて下北半島の山々を見渡すことができます☆

 

◎梵珠山ファミリー登山/詳細◎

 

8:30 集合&ミーティング

9:00〜 9:30 出発

12:00 頂上飯

13:00 下山開始

14:30  到着

15:00 揃って解散

 

◎登山装備◎

 

初心者の方は…

①登山靴→歩きやすい靴(スポーツシューズなど)

②登山用服装→素足は避けてズボン着用、帽子やタオル

③雨具→多少の水を弾けそうな上着(ウィンドブレーカーなど)

④荷物はリュックなど両手が自由になるもの (おにぎりや十分な飲み物)

その他、適宜必要と思われるものを準備してください。

 

◎集合場所MAP◎

 


大きな地図で見る

 

さて、今回は「親子で初めて山に登ります!」という方もいらっしゃると思いますので、

参加するにあたっていくつかのルールや注意事項を、画像を交えてあらかじめお話しておきたいと思います。

 

まず集合場所は「自然ふれあいセンター」の手前にある駐車場となりますが…

bonju_640_01

青森市街方面から来る方は国道7号線からこの標識を目指して曲がります。

bonju_640_02

車がたくさん走ってる道路が国道。

画像、右側の閑散としている道路に入ります。(青森市街から来るとUターンするような感じ)

bonju_640_03

「止まれ」を左に。

あとは道なりに進みます。

bonju_640_04

カカシくんも通り過ぎます。

ゆるい登り坂をずっと進んでいくと左側に砂利敷きの広い駐車場があります。

駐車場に皆さん揃いましたら、そこから少し移動して、自然ふれあいセンターへ。

bonju_640_05

「自然ふれあいセンター」。

このスグ近くにも駐車場はありますが、あまりたくさんの台数は止めれません。

お手数ですが、ここの手前の砂利駐車場に車は止めてください。

トイレに行きたい方は靴を脱いでとなります。外にもありますが…どちらでも(^-^)

自然ふれあいセンターの向かって左側側に無料で木の棒の貸し出しもしています。

bonju_640_06

ストック代わりになるこの木の棒…

でも、今回は使わずにいきたいと思います!

子供達が一人持つと「ぼくも!私も!」となってしまいがちで、最後は遊び道具になりかねないかな?と。

チャンバラが始まっても大変ですので、今回は使用禁止で!すみませんm(_ _)m!

そして1年生孝汰郎、首に財布を掛けていますが、悪い例です。

首にはヒモ類は掛けないようにして下さい。危ないです。

bonju_320_1 bonju_320_2

自然センター前と下には湧き水があります。

まさに「梵珠の水」、登った後に下の湧き水をゴクゴク飲むのをオススメします。

bonju_640_07

さてさていよいよ、センターそばの「マンガンの道」と呼ばれる登山口から梵珠山に向けて出発。

bonju_640_08

bonju_214_3

各合目の表示もちゃんとしています。登山のペース目安になりますね。

bonju_640_09

途中、キノコや白いお花ギンリョウソウが咲いていました(^^;;

bonju_640_10

そしてそして、登山道にはこんな危険な所もあります。

梵珠山は登山道が広めですが、途中細くて狭い道もあり、足を踏み外すととても危険です。

(画像の右側は崖です)

気持ちが高ぶってハイテンションになってしまうと子供達はどんな行動に出るかわかりません。

山ではお子さんと声を掛け合いながら、皆さんが一つの仲間となって、

事故/ケガのないよう、他のお子さんでも声を掛け合っていきましょう。

bonju_320_3 bonju_320_4

梵珠山にはマムシ(毒蛇)、もいますので、走り回ると危険です。

見かけた時は周りに注意を促し、マムシの動きを確認しながら静かに歩いていきましょう!

また、可愛らしいカナヘビ(これはトカゲ)も生息していますので見つけれたらラッキー☆

(画像、あまり関係ないですね)

bonju_640_11

登る前の時点で霧はかかってはいましたが、 7合目で山の天気が変わり、雨がポツポツ。

せっかくだから、頂上を目指したい!と1年前の私なら思っていたかもしれませんが、

この日は子供達に体調を崩させてしまってもダメだわっ。もっと雨風がヒドく雷が鳴りだしたら大変だ。

…と思い、引き返しました。『山をなめてはイケない』と。

bonju_320_5 bonju_320_6

やっぱり下界は全く天気が違いました。(雨が止み、霧が晴れています)

来た道をまた帰るのもなかなかいいもんです(^^;;

小川の流れに葉っぱを流してみたりと自然の素晴らしさも体験できるヤマですよ。

今回の下見登山は途中まででしたが、6月29日、お天気がよくなる事を祈って、

マンガンの道 → 梵珠山山頂 → サワグルミの道のコースでいきたいと思います。

下山のサワグルミの道のコースは当日のお楽しみということで、これにて失礼いたします。

 

 

キャプテン・リエ(&アヤカ)

 

 

 

nakuidake2014

2014/05/27

 

山岳部の皆様、お疲れさまです!

ちょっと遅くなってしまいましたが、2014年度、最初のヤマ登り、

相変わらずの参加費無料の自己責任でグイグイ運営していきますのでヨロシクです。

主にFacebookから情報公開やメンバー交流が行われますので、

もしFacebookをしていない方はこれを機に山岳部用アカウントをつくるのもよいかもしれません。

(実は運営する方としてはFacebookが非常に便利なのです)

 

というわけでまだFBイベント「名久井岳」で参加表明していない方は1クリックお願いしますね。

これまではイベントページからダダーッと毎回様々な人々に招待をかけていましたが、

なんだか無差別な押し売りみたいなので今後は敢えて招待をしません。

青森勝手旅行のFBページから情報公開・告知をしていきますので、

どうかそれを参考にそれぞれの想いやスケジュールのもと、グイグイ遠慮せずにご参加ください♬

 

さて、今回の名久井岳は適度なアップダウンのインターバルがありますし、行程時間も短いことから、

山岳部の「まずは登っとけ・登竜門」的なヤマかなと思っています。

今年度、最初のヤマ登り☆ 是非、初心者から経験者まで、楽しんで頑張ってみましょう。

登山をまさに初体験!という方は、コチラのサイトでちょっとお勉強&準備しておいてくださいね。

「初心者のための登山・山歩き入門」

「青森勝手旅行【山岳部】とは?」

 

【名久井岳】ヤマDATA

標高:615m・高低差:約378m・歩行距離:片道約2.0km
行程目安:登り(約2時間00分)・下り(約1時間30分)
トイレ:登山道口(法光寺)、5合目駐車場。(頂上付近にはありません)
給水ポイント:無し。(事前に準備ください)
登山口までの道のり:舗装道路。法光寺付近は道幅が狭くなります。

*初心者向け
*展望、晴れれば良好
*急登あり
*登山道は整備されており、藪漕ぎはありません。
※雨天時はメンバー相談の上、GO/BACKの判断。階上町のボルダリングジムへ行くのもあり。

8:30 集合(法光寺すぐそばの駐車場)
オリエンテーション後、法光寺登山口から登山開始。

12:00 頂上直下の山小屋でランチ(薪ストーブあり)

13:30 来た道もどって下山。
チェリウスの温泉(420円)に入るなどして解散。

 

集合場所MAP


より大きな地図で 青森勝手旅行【山岳部】ヤマMAPリスト を表示

 

時期的に長谷ぼたん園では「ぼたんまつり」が開催中です

牡丹が見頃の場合は下山後に牡丹園鑑賞もできます(入場料300円)。

※お車が無い方は他の参加者との乗り合い or 最寄り駅「諏訪ノ平駅」間の送り迎えが可能です。
(積極的に連絡をとりあって便宜をはかりましょう)

– – –

昨年の模様はコチラ(Facebookアルバム)です↓

 

ではよろしくどうぞ!

当日は時間に余裕をもって、気をつけて集合場所までお越し下さいね。

緊急連絡は私までお電話かショートメールでお願いします。

(私、外出中はケータイのインターネット接続できません)

(電話番号、知らない方はメールでお知らせしますので、info@naturebounds.comまでご一報下さい)

 

by キャプテン・ヨイチ

 

 

 

yamanist_検定

2014/01/11

本日からいよいよスタートしました「ヤマニスト検定」。

全3回、各回1週間のテスト期間がございますので、

じっくり調べたり、相談しながら回答をキャプテンまで送信して下さい。

ほとんどが選択問題で、ヒントはこのブログやFacebookのアルバムなどに隠れてます☆

しっかり臨めば必ず登頂(合格)できますので頑張って下さいませ〜!

全ての検定をパスすると、今年から始まる県外遠征に参加する権利をゲット♬

そしてヤマに対する知識もググーンとアップすること間違い無しです。

 

第1回検定「松」

1月11日(土)〜18日(土)

 

第2回検定「竹」

2月15日(土)〜22日(土)

 

第3回検定「梅」

3月15日(土)〜22日(土)

 

問題を回答したものをE-mailでキャプテンに送信してください。

90点以上で見事合格となります。

 

冬場はお勉強タイム!

検定ページはコチラ

よろしくです〜!

 

 

 

山岳部新年会

2013/12/07

今年6月から活動がスタートした山岳部でございましたが、

先日の階上岳ツアーで10回(非公式ツアーを含めるともっと)の登山、

これまで延べ115人(中止のときに集合した方々も含む)もの参加者。

まさかこんなになるとは思っておりませんでした。

 

そんなわけで年が明けましたら新年会をやります!

山岳部メンバー、ヤマガミさんの計らいにて特別価格&設定で開催です。

 

青森勝手旅行【山岳部】新年会「特別価格にて by Gyami」

 

  • 日時:2014年1月12日(日) 18:00〜
  • 会場:ホテル山上(青森市古川3-16-9)
  • 会費:2,000円(お料理代)

 

※ドリンクは各自お好きなものを持ち込んで下さい。

※そのままホテルに宿泊希望の方は+2,000円。お早めにお申し込みください。

※お車でご来場する方は最寄りの駐車場をご利用下さい。

 

〆切:2014年1月5日(日)

FBページで投稿、またはキャプテンまでメールでご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。

 

さて、これから本格的な冬が来ます。雪が降ります。

山岳部ではオフィシャルに雪山登山はいたしません。

なぜなら、

① 雪山用装備は高性能を求められるゆえに高額な出費を強いられる。

② 低温、吹雪、雪崩などキュケン(危険)がいっぱいである。

…からです。

 

そんなわけでこれまで月イチでヤマでお会いして皆さんとも春までしばしお別れです。

ですから今年ヤマで出会った皆さんとこの日は楽しくワイワイ呑みたいなと思います。

どうぞ皆さん、奮ってご参加下さいませ。

 

 

 

 

hashikami_re2

2013/11/06

南部の冬は遅い!寒いけど雪はほとんど降りません!

ということでなかなかにギリギリの季節ではありますが、

今シーズンラストということで南部地方一番人気の山「階上岳」の登山です。

頂上手前の大開平には山小屋がありまして、薪ストーブで暖をとることができますよ。

体力がある方は階上岳登頂後、オプションの南岳まで足を伸ばしてみましょう☆

日の入り時刻がかなり早くなる時期ですので下山は大開平から車で行います。

大開平までの道路がプチ閉鎖中ですので自力下山を想定して下さい。

ヘッドライトなどの照明器をお持ちの方はご持参下さいませ。

(持っていない方はキャプテンが貸し出します☆)

(12月1日の日の入り時刻:16:10/日の出時刻:6:40)

 

階上岳周辺ガイド&登山MAP

 

下山後の温泉は、庶民派向けのバイタル新井田温泉(登山口から八戸市方向へ約10km)、

ちょっと旅行気分を味わうならお隣り岩手県のアグリパーク大沢の「ごだげの湯」(岩手県方向へ約15km)。

 

下見登山レポート(Facebookアルバム)はコチラ↓

キャプテン&トオルのデュオ登山「階上岳〜南岳」(2013.6.26)

 

– – –

12月1日(日)《階上岳》(with 南岳)

8:00 道の駅はしかみ集合

8:30 登山口到着/登山開始

(集合時間に遅れる場合は登山口まで直接来てくださいませ)

集合場所MAP


より大きな地図で 【山岳部】いろいろMAP を表示

 

 

階上岳の最もポピュラーな家族向けのコースを登ります。

なだらかな道や急登、岩場も少しあるバリエーション豊かな登山道です。

大開平の避難小屋で昼食となります。

避難小屋では備え付けの薪ストーブを焚きますが、他の登山者もいるかもしれませんので、

薪ストーブを使った大掛かりな調理プランは立てないでください。

あくまで暖をとるため、食料を少し加熱するくらいのイメージでいてください。

加熱調理を考えている方はバーナーをご持参下さい。

雪、気温によっては雨も想定されますので防寒はもちろんのこと、雨具もご準備ください。

登山道は拓けていますので雨具をお持ちでない方は折り畳み傘も有効です☆

悪天候の場合は中止、もしくは大開平まで車で行き、大開平 ⇄ 山頂の超短コースでの開催とします。

 

【階上岳・南岳】ヤマDATA

ピーク標高:階上岳 (740m), 南岳 (739m) = ヤマスタンプ2個GET☆
総歩行距離:約9km(階上岳往復)、約11.4km(さらに南岳往復の場合)
高低差:約550m
 
トイレ:フォレストピア階上、しるし平、大開平
給水ポイント:なし(龍神水は飲用不可)
ケータイ電波:そこそこあり
登山口までの道のり:舗装道路
近隣温泉:バイタル新井田温泉アグリパーク大沢「ごだげの湯」
 
*展望良好
 
※ 頂上飯持参。(必ず携行食もご準備下さい)

– – –

 

【暴風雪、寒波などの悪天候の場合】

基本的に中止といたしますが、希望者がいる場合は「自己責任」のもと、キャプテンが先導します。リスクを十分に考慮した上での準備がなければ最悪の事態も想定されます。

 

【質問・ご意見がある場合】

よほどのプライベートなこと以外、キャプテンへの個別メッセージではなく、皆に周知できるようFacebookのイベントページにご投稿ください。

 

– – –

 

参加ご希望の方はFBイベントページまたはE-mailでご連絡下さい。

今シーズンラスト登山! 南部の冬は雪が少ないので快適です☆

奮ってご参加ください〜!

 

 

キャプテン

 

 

 

 

herai_11月_re

2013/10/15

先日の北八甲田登山、紅葉はすでに終わりを迎え、見頃とまではいきませんでしたが、

晴天に恵まれ素晴らしい景色を堪能できましたね!

来月11月もグイグイ山に登りますよ〜!

しばらく津軽エリアの登山が続きましたが、次回は南部エリアの新郷村へ!

 

戸来岳&十和利山、2DAYSツアー!

 

南部地方最高峰の戸来岳(へらいだけ)、晴れれば十和田湖を一望できる十和利山(とわりやま)。

東北百名山に選ばれる山々です。

1日目の11月3日(日)は中・上級者向けの戸来岳、

2日目の4日(祝・月)は初級者向けの十和利山となっています。

秋から冬へ移行する時期、増して山の中ですので防寒ヨロシクお願いいたします。

下山後は新郷温泉館で汗も流せます。

時間に余裕があれば新郷村のパワースポット(キリストの墓&大石神ピラミッド) にも行きましょう☆

大石神ピラミッド周辺も少しだけトレッキングできます。

ピラミッドの上まで行けば「ピラミッドボーナス」進呈します!

 

下見登山レポート(Facebookアルバム)はコチラ↓

キャプテン&タケキのデュオ登山「戸来岳〜十和利山ヤブ漕ぎ縦走」(2013.7.7)

ほぼ廃道のヤブ漕ぎ縦走ルートを強行しましたが、実際のツアーでは縦走しません。

 

– – –

 

◎中・上級者向け

11月3日(日)《戸来岳》

8:00 間木ノ平グリンパーク駐車場集合

WEB:間木ノ平グリーンパーク(道の駅しんごう)

集合場所MAP

大きな地図で見る

 

登山口〜戸来岳(大駒ヶ岳&三ツ岳)のピストン登山となります。

序盤はなだらかな傾斜の登山道ですが、ピークが近づくにつれてキツくなります。

これまでの登山で物足りない方は是非、直登を休みなくグイグイ登ってみましょう!

大駒ヶ岳 or 三ツ岳頂上で昼食となります。

(ベンチはありませんので気になる方はレジャーシートなどをご持参下さい)

 

【戸来岳】ヤマDATA

ピーク標高:大駒ヶ岳 (1,144m), 三ツ岳 (1,159m) = ヤマスタンプ2個GET☆
歩行距離:約12km(往復)
高低差:約700m
 
トイレ:間木ノ平グリーンパーク、戸来岳登山口
給水ポイント:1〜2合目付近「ヨガイバ沢の岩清水」
ケータイ電波:拓けた場所はそこそこあり
登山口までの道のり:舗装道路
近隣温泉:野沢温泉、新郷温泉館
 
*展望良好(大駒ヶ岳&三ツ岳)
*二峰それぞれに直登あり
 
※ 頂上飯持参。(必ず携行食もご準備下さい)

 

– – –

 

◎初級者向け

11月4日(祝・月)《十和利山》

9:00 迷ヶ平キャンプ場前駐車場集合

集合場所MAP

より大きな地図で 【山岳部】いろいろMAP を表示

 

登山口〜十和利山のピストンまたは周回登山となります。

(登山道はEASYモードとHARDモード、2通りあります)

上級者は物足りなさを覚えるような登山道ですが、頂上からの展望はGOODです。

頂上で昼食タイムです。

(ベンチはありませんので気になる方はレジャーシートなどをご持参下さい)

 

【戸来岳】ヤマDATA

ピーク標高:十和利山 (991m) = ヤマスタンプ1個GET☆
歩行距離:約5km(往復)
高低差:約330m
 
トイレ:迷ヶ平キャンプ場前駐車場
給水ポイント:キャンプ場東屋そばの水道
ケータイ電波:拓けた場所はそこそこあり
登山口までの道のり:舗装道路(駐車場は砂利道)
近隣温泉:野沢温泉、新郷温泉館
 
*展望良好(山頂)
*2ルートあり
 
※ 頂上飯持参。(必ず携行食もご準備下さい)

– – –

 

photo

この山々周辺はとても深く心地よい森林が広がっています。

それゆえに大きな動物さんも生息しています。

参加ご希望の方は、音がなる鈴などをリュックに装着してくださいませ☆

 

間木ノ平キャンプ場(有料)の利用を考えている方は一度、施設側にお問い合わせください。

(ちょうどオフシーズンに突入するかもしれません)

また迷ヶ平キャンプ場(無料)は現在かなり寂れており、著名なキャンプサイトとはかなり異なります。

不便を楽しめる方のみにオススメします。

 

– – –

 

【雨などの悪天候の場合】

基本的に中止といたしますが、希望者がいる場合は「自己責任」のもと、キャプテンが先導します。リスクを十分に考慮した上での準備がなければ最悪の事態も想定されます。

 

【質問・ご意見がある場合】

よほどのプライベートなこと以外、キャプテンへの個別メッセージではなく、皆に周知できるようFacebookのイベントページにご投稿ください。

 

– – –

 

参加ご希望の方はFBイベントページまたはE-mailでご連絡下さい。

寒くなると空気は澄み、鬱蒼としていた樹々の葉も落ち始めます。

展望は夏に比べて良かったりもしますので、奮ってご参加ください〜!

 

 

キャプテン