山岳部ロゴ.png

一見さんお断り。とても太い人脈で運営させて頂いております。青森の山を登りましょう。

2014 6月

bonju

2014/06/14

これまでの登山ツアーとは一味変わった感じのコンセプトで『県民の森 梵珠山』(標高468m)を登ります。

明るく開けた山頂には芝草が広がり梵珠観音が安置されています。

展望台があり、眺望が得られ、南には青森県最高峰の岩木山、その彼方遠く白神山地、

そして幾つもの峰を連なる八甲田山、、青森市の街並や陸奥湾をへだてて下北半島の山々を見渡すことができます☆

 

◎梵珠山ファミリー登山/詳細◎

 

8:30 集合&ミーティング

9:00〜 9:30 出発

12:00 頂上飯

13:00 下山開始

14:30  到着

15:00 揃って解散

 

◎登山装備◎

 

初心者の方は…

①登山靴→歩きやすい靴(スポーツシューズなど)

②登山用服装→素足は避けてズボン着用、帽子やタオル

③雨具→多少の水を弾けそうな上着(ウィンドブレーカーなど)

④荷物はリュックなど両手が自由になるもの (おにぎりや十分な飲み物)

その他、適宜必要と思われるものを準備してください。

 

◎集合場所MAP◎

 


大きな地図で見る

 

さて、今回は「親子で初めて山に登ります!」という方もいらっしゃると思いますので、

参加するにあたっていくつかのルールや注意事項を、画像を交えてあらかじめお話しておきたいと思います。

 

まず集合場所は「自然ふれあいセンター」の手前にある駐車場となりますが…

bonju_640_01

青森市街方面から来る方は国道7号線からこの標識を目指して曲がります。

bonju_640_02

車がたくさん走ってる道路が国道。

画像、右側の閑散としている道路に入ります。(青森市街から来るとUターンするような感じ)

bonju_640_03

「止まれ」を左に。

あとは道なりに進みます。

bonju_640_04

カカシくんも通り過ぎます。

ゆるい登り坂をずっと進んでいくと左側に砂利敷きの広い駐車場があります。

駐車場に皆さん揃いましたら、そこから少し移動して、自然ふれあいセンターへ。

bonju_640_05

「自然ふれあいセンター」。

このスグ近くにも駐車場はありますが、あまりたくさんの台数は止めれません。

お手数ですが、ここの手前の砂利駐車場に車は止めてください。

トイレに行きたい方は靴を脱いでとなります。外にもありますが…どちらでも(^-^)

自然ふれあいセンターの向かって左側側に無料で木の棒の貸し出しもしています。

bonju_640_06

ストック代わりになるこの木の棒…

でも、今回は使わずにいきたいと思います!

子供達が一人持つと「ぼくも!私も!」となってしまいがちで、最後は遊び道具になりかねないかな?と。

チャンバラが始まっても大変ですので、今回は使用禁止で!すみませんm(_ _)m!

そして1年生孝汰郎、首に財布を掛けていますが、悪い例です。

首にはヒモ類は掛けないようにして下さい。危ないです。

bonju_320_1 bonju_320_2

自然センター前と下には湧き水があります。

まさに「梵珠の水」、登った後に下の湧き水をゴクゴク飲むのをオススメします。

bonju_640_07

さてさていよいよ、センターそばの「マンガンの道」と呼ばれる登山口から梵珠山に向けて出発。

bonju_640_08

bonju_214_3

各合目の表示もちゃんとしています。登山のペース目安になりますね。

bonju_640_09

途中、キノコや白いお花ギンリョウソウが咲いていました(^^;;

bonju_640_10

そしてそして、登山道にはこんな危険な所もあります。

梵珠山は登山道が広めですが、途中細くて狭い道もあり、足を踏み外すととても危険です。

(画像の右側は崖です)

気持ちが高ぶってハイテンションになってしまうと子供達はどんな行動に出るかわかりません。

山ではお子さんと声を掛け合いながら、皆さんが一つの仲間となって、

事故/ケガのないよう、他のお子さんでも声を掛け合っていきましょう。

bonju_320_3 bonju_320_4

梵珠山にはマムシ(毒蛇)、もいますので、走り回ると危険です。

見かけた時は周りに注意を促し、マムシの動きを確認しながら静かに歩いていきましょう!

また、可愛らしいカナヘビ(これはトカゲ)も生息していますので見つけれたらラッキー☆

(画像、あまり関係ないですね)

bonju_640_11

登る前の時点で霧はかかってはいましたが、 7合目で山の天気が変わり、雨がポツポツ。

せっかくだから、頂上を目指したい!と1年前の私なら思っていたかもしれませんが、

この日は子供達に体調を崩させてしまってもダメだわっ。もっと雨風がヒドく雷が鳴りだしたら大変だ。

…と思い、引き返しました。『山をなめてはイケない』と。

bonju_320_5 bonju_320_6

やっぱり下界は全く天気が違いました。(雨が止み、霧が晴れています)

来た道をまた帰るのもなかなかいいもんです(^^;;

小川の流れに葉っぱを流してみたりと自然の素晴らしさも体験できるヤマですよ。

今回の下見登山は途中まででしたが、6月29日、お天気がよくなる事を祈って、

マンガンの道 → 梵珠山山頂 → サワグルミの道のコースでいきたいと思います。

下山のサワグルミの道のコースは当日のお楽しみということで、これにて失礼いたします。

 

 

キャプテン・リエ(&アヤカ)

 

 

 

nakuisnap1

2014/06/06

先日、6月1日(日)の名久井岳登山、みなさんお疲れさまでした!

過去最高人数、総勢23名ものビッグパーティー。

山岳部発足から1年…

あまりの嬉しさにココロ高まり、いつもの5割増しでハイテンションになってしまいました。

皆さんのケアもほとんどせずに一人でカラ回っておりましたが、無事に全員下山できて良かったです。

 

さて今シーズン初の登山、皆さんいかがだったでしょうか?

翌日からの筋肉痛とは戦いましたか?

ヤマと自分を改めて思い知りましたか?

「思い知る」という言葉は悪い意味で使われることが多いですが、

ヤマを実際に歩いて、そこで何かを「思い」、何かを「知る」ということ。

急登を登りながら…笑う膝を抱えながら…森を吹き抜ける風を感じながら…怒られるコータローを見ながら…

皆さんそれぞれ何かを「思い知る」ことになったと思います。

 

たかがヤマ、されどヤマ。

街に比べると、恐ろしいくらいに何も無い場所。

 

nakuisnap2

ヤマの中で、疲れましたか?

 

nakuisnap3

ヤマの中で、嬉しいコミュニケーションはありましたか?

 

nakuisnap5

ヤマの中で、美しいものと出会いましたか?

 

YOiCHi_1

ヤマの中で、達成感を得ることはできましたか?

 

nakuisnap4

ヤマの中で、はるか彼方を見ることはできましたか?

 

nakuisnap6

ヤマの中で、何か楽しいことはありましたか?

 

nakuisnap7

皆さんそれぞれのココロのヤマにじんわり残るものがあれば嬉しいです。

今シーズンの山岳部、本格スタートいたしました。

どうぞまたヤマに行きましょう。

 

初めての登山、筋肉痛に苦しんでいる方もどうかご安心を。

あの場にいた全員がきっとそうです。

でも成長期を終えた大人でも、歩けば歩くほど脚は強くなりますし、体も軽くなります。

つまり、これからもっと成長できます。

 

ヤマ登り、ツラさは標高に比例しません。

どんな登山道か(傾斜の具合や足場などのコンディション)で変わってきます。

名久井岳は急登が結構多いのでツライ御山です。

今回の名久井岳を登れれば、8〜9月の北八甲田山の大岳(標高1,585m)も登れます☆

青森市浪岡の梵珠山(標高468m)は楽勝でしょう。

 

そんなわけで今回の名久井岳登山、改めましてお疲れさまでした!

 

今回のFBアルバムはコチラです↓

 

今年からの山岳部、私は奇数月のみキャプテンをやります(今回は翌月にズレ込んでしまいました)が、

偶数月はCFM(キャプテンフリーマンス)でどなたでもキャプテンをすることができます。

うまくすれば毎月、どこかの登山ツアーが企画されます。

ひと月に複数回登山してもいいですよ☆(過去には3DAYS登山もやりました)

なんだったら私担当の奇数月にもグイグイ食い込んで企画して頂いてもOKです。

 

最後になりましたが、告知をさせてください。

今回の登山に参加してくださいましたブンチューさん&マミャウさんの工房polepole

FBページもあります)

今月から来月にかけて展示がありますよ。

もしよかったらお出かけ下さいませ。

素敵な器や灯りが待っているはずです。

 

@板柳町(6月28日〜7月21日・ワークショップは6月30日のみ)

jidoushaya_pp

 

@青森市(7月10日〜14日)

sukumo_p

 

さらに私事もひとつ。

私の自給自足へ向けた生活づくり、yamaanPROJECTの体験企画:ヤマーン・ブートキャンプ。

今週末8日に開催です。

やることだらけのyamaan、助太刀下さる方がいらっしゃいましたら幸いです。

yamaanBOOT-CAMP、詳しくはコチラ

bc-poster0608

 

そんなこんなで私情も挟んでしまいましたが、

今後ともどうぞ山岳部、よろしくお願いいたします〜!

 

 

by キャプテン・ヨイチ(登山写真 by 中野守氏)