山岳部ロゴ.png

一見さんお断り。とても太い人脈で運営させて頂いております。青森の山を登りましょう。

2014 9月

2014/09/24

CIMG8044
2014年9月24日(水)朝9時過ぎ、
浅虫水族館前に集合。
一行の目的はアザラシでもアシカでもイルカでもなく、
裏手にそびえる高森山。
そして、その後の浅虫ランチ。

CIMG8052
森林公園へと場所を移し、
登山口を探す。
すると、いきなりの分岐点。
左は車両通行止めで、右は舗装道路が続く。
左を指す看板には「展望台」との表記。
どちらに進むべきか。

CIMG8056
右側の舗装道路を進むと、その答を発見。

CIMG8058
登山道マップが貼ってあった。
山頂を目指すだけではない道がたくさんあるようなので、
いつでも確かめられるように
撮影しておくのが良さそう。

CIMG8059
しかし、初見ではよく分からない。
確信を持てないでいると、
近くでテニスをしている紳士が教えてくださった。
ラケットの指す方向が正解。
その後の分岐の進み方も習った。
ありがとうございます。
ナイスサービス。

CIMG8061
いざ、登山開始。
予定では下山まで約二時間の道のり。
よく喋る面々なので、和気あいあい
明るく楽しく意気揚々と登っていくが…

CIMG8063
ふと、しゃがみ込む。
そして何かを拾い始めた。

CIMG8069
季節はすっかり秋。
栗が落ちていた。
「くりターイム」の声に
一同、足を止めて拾い始める。

CIMG8077
思わぬ収穫に喜びながら歩を進める。
むつ湾展望所へとやって来た。

CIMG8078
登り始めて二十分での絶景。
これでもう帰っても良いかな、
と思ってもしまうが…

CIMG8084
目指すはあくまでも頂上。
展望所から下り、先を目指す。

CIMG8087
道中にはこういった看板があり、
山頂への距離を示している。
右側の赤い数字はカウントダウン。
どんどん減少していき、
「1」の次がもちろんゴール。

CIMG8090
途中には東屋や木のベンチも多く、
休憩箇所は豊富。
優しい配慮。

CIMG8093
しかし、分岐は分かりづらい。
右側に向かうと「第2展望所」のようだが…

CIMG8094
山頂を目指すなら左側。
展望所に向かうのも良さそうだが、遠回りになる。
時間がある機会に行ってみたい。

CIMG8099
龍の鱗のような大木。

CIMG8102
登り始めて50分。
ここで、おやつ休憩。
この直前はきつい登りだったため、
少し疲れが現れている。
それでもお喋りは気力を保つ大事な要素。

CIMG8105
カウントダウンは進む。
このまま一心不乱に歩も進むかと思いきや…

CIMG8109
「くりターイム」の声に、
栗拾い再開。
こうしている時に荷物を落としたり
しなければ良いのだが。

CIMG8112
ここも小さな分岐。
右に道がある。
登りで迷う事は無さそうだが、
帰りには注意をしたい。

CIMG8115
先導者が棒を振っているのは、
道中はクモの巣が張られているので払うため。
それでも鬱陶しいようで、
子どもを叱りつけるような叫びがこだまする。

CIMG8123
また急な登りがある。
雨で濡れていたら滑りそうな箇所もあるので注意。

CIMG8128
登り始めて一時間半ほどで
山頂に到着。

CIMG8130
標高は386.5メートル。
数字だけを聞くとピクニック程度に思えるが、
実際は分岐あり、起伏あり、クマ注意看板ありの
まぎれも無い登山だった。

CIMG8133
ほこらの前で記念撮影。

CIMG8138
持ち寄ったお菓子のふるまい。
冷やしたい焼きが美味しかった。

CIMG8139
山頂からは展望がほとんど得られない。

CIMG8141
かすかに国道が見える程度。

CIMG8149
登って来た道で下山開始。
時刻は11時40分。
ふわとろオムライスの昼食を予定していたお店は13時で閉店なので、
間に合うかどうか。

CIMG8154
初めて高森山に登るというご婦人と出逢う。
偶然にも同じ服。
お互いに自然と笑みがこぼれる時間。

CIMG8157
登りでは迷う心配の無かった、ホタル湖へと向かう分岐。
樹齢700年余りという巨木赤松を見に行くなら
この道を進むべきなのだが、
草が茂っていて、通る人は少なそう。

CIMG8161
また栗拾いかと思いきや、
キノコを発見。
様々なキノコも生息している。

CIMG8163
またキノコ。
大きいものから小さいものから色とりどりと様々。

CIMG8169
ハート形のようなものもあった。
誰かがかじった跡も。

CIMG8172
また何かを見つけた。

CIMG8173
カエルさんだった。
歩くと、いたるところで跳ねている。
そろそろ冬眠の準備も開始かな。

CIMG8183
上半身の運動をしながら下山。
実は蚊に刺されないためでもある。
やけに蚊も多い。

CIMG8185
展望台に戻って来た。
頂上まで行ってから見る風景はまた格別。
この時点で時刻は12時55分で、
昼食のお店は変更が確定。
海鮮丼の食べられるお店が有力候補となり、
「かいせんどーん」の声が響く。
先日の縫道石山登山を思い出す。

CIMG8186
帰り道も少し変える事に。
登りでは右側から来たところを左へ。

CIMG8187
そして、この分岐を右へ。

CIMG8189
水族館側へと下りられる。
反対方向は道の駅方面へと通じる。

CIMG8192
ギンリョウソウ…にも似た細長い植物の群生。
お見送りをされた気分。

CIMG8205
水族館脇に通じる道に到着。
あじさいに囲まれているので、
季節が夏だったら綺麗に違いない。

CIMG8207
いよいよ、あと少し。

CIMG8212
おつかれさま、と言っているはず。

CIMG8218
13時17分、下山完了。
腹ぺこの一同は急いでお店へ向かう。

CIMG8222
水族館前にある、ろくさん食堂へ。
海鮮が眩しいメニュー看板に釘付け。
何にしようか迷いながらワーキャーと騒ぐが、
ここにいても仕方が無いので店内へ。

CIMG8225
日によって材料が変わる、
おまかせ特製ちらし丼1,600円。
ご飯は白米と酢飯から選べる。
新鮮で、もちろん美味。

CIMG8230
量の多さに空腹は負けず、全員完食。
本来の予定では、この後は足湯に使って
アイスを食べたりもするはずだったが、
時間が無くて断念。
ここで解散となったものの、
栗のお土産も手に入れて大満足の様子。

ちなみに、お店のお母さんにお話を聞くと
最近では高森山に登る地元の人は少ないそう。
一人ではなかなか行けなくて、
かといって一緒に行く仲間もいないとの事。
山岳部を通じて知り合った一同は
恵まれた出逢いをしたのだと実感した。

CIMG5819

2014/09/01

野辺地町の烏帽子岳(標高719.6m)へと向かう、2014年8月30日(土)のお昼。

午前の清々しい天候とは打って変わっての雲行きの怪しさに、少し不安を覚えました。

 

 

CIMG5825

 

今回の登山発起人である有谷さん。

いち早く到着し、「父(トト)恋し夜泣き石」の前で「ママおいし」と、おむすびをかじっていました。

 

 

CIMG5831

 

メンバーは撮影者を含めて四人。

13時に登山開始。

車では通れない木の橋から始まります。

 

ちなみに、この橋の手前に舗装された道路との分岐があって、そちらは車で山頂まで行く事が可能。

舗装部分はすぐに終わって凸凹道になりますが。

 

 

CIMG5846

 

沢の流れを聴きながら歩き始めて間もなく、野営場へと着きました。

ここはキャンプの出来る場所のはずですが…

 

 

CIMG5856

 

使う人がほとんどいないのか、トイレの戸は開かず、炊事場の蛇口を捻っても水は出ませんでした。

離れた場所には小屋も見えましたが、中に入るのは勇気が要りそうです。

熊も恐いけれど、夜も恐い。

 

 

CIMG5869

 

進んで行くと、沢を渡る場所に何度も遭遇。

滑らないように注意しながら石を頼りに飛び越えます。

 

 

CIMG5875

 

苔むした木々、

 

 

CIMG5876

 

土を絡めた根をむき出しにした倒木を眺めて歩いて行くと、

 

 

CIMG5886

 

分岐点にさしかかりました。

一方は傾斜がきついけれど近道でもう一方は緩やかだけれど遠回り、己の体力に合わせて選ぶべし…

といった意味があるのでしょうか。

 

どちらを行けば良いのか悩みますが、実は大した事はありません。

間もなく合流しますから。

 

いちいち立ち止まって悩むだけ損、と。

人生にも言えるのかもしれませんね。

 

この後にも分岐点は何度もありますが、全て同様に悩まなくて大丈夫です。

 

 

CIMG5889

 

ヒバ原生林の表記を見つける度に「ビバ!」「げんせーりん!」と叫ぶ、賑やかなメンバー。

青森の財産であるヒバ自体には特に触れません。

 

次第にブナ原生林へと変わっていくと、おとなしくなりました。

 

 

CIMG5921

 

ガスがかかってきます。

頂上からの展望に一抹の不安が。

雨の気配も感じます。

 

 

CIMG5928

 

広かった登山道にも草の生い茂る場所が現れます。

草で見えないところは踏み外す事もあるので、注意が必要。

 

 

CIMG5932

 

分岐も無くなり、次第に傾斜はきつくなります。

それぞれの歩く速度にも違いが現れるので、離れ過ぎないように。

チームワークです。

 

 

CIMG5945

 

頂上が近くなって来た頃、突然、開けた場所がありました。

伐採をしているのか、別の登山道へと通じているのでしょうか。

 

 

CIMG5958

 

ここで、発起人の有谷さんに先頭を交替。

山頂一番乗りを目指してもらいます。

 

 

CIMG5961

 

ひっそりと隠れるように佇む烏帽子神社跡地。

いまは電波塔下に移設されています。

現代人のつくったものに何を感じているのでしょうね。

 

 

CIMG5967

 

視界が開け、ガスの向こうに電波塔が見え始めました。

頂上まではあとわずか。

 

 

CIMG5970

 

登り始めてちょうど一時間半。

山頂に到着です。

三角点にタッチ。

 

 

CIMG5979

 

不安は的中。

やはり景色は全く見えませんでした。

晴れていると、陸奥湾や八甲田山や青森市街が綺麗に見えます。

 

 

CIMG5984

 

登って来た道とは反対にある電波塔側へと降りていくと、トイレと休憩所があります。

休憩所内には石油ストーブや毛布や七輪が備えてあり、

暖をとったり山メシを作る場所として利用する事も可能。

電波塔や森林の管理をする作業員さんの活動拠点でもあるのでしょうね。

 

 

CIMG5990

 

持ち寄ったお菓子やゆず茶で休憩。

携帯電話の電波も入るようで、ゲリラ豪雨接近とのニュースが。

その知らせ通りに雨が降り始めました。

 

 

CIMG6004

 

一同、雨具を装備して下山開始。

雨足は強くなりました。

全員の足の運びも速くなります。

 

 

CIMG6006

 

木の根や泥で滑る事もしばしば。

人工階段や木の橋も油断はなりません。

とにかく滑ります。

 

 

CIMG6013

 

登る時には石伝いに渡れた沢も、増水してそうはいかず。

とは言え、すでに靴の中もびしょ濡れなので大胆に水の中へと入ってしまいます。

靴の汚れは落ちそうですね。

 

 

CIMG6019

 

帰りは一時間で到着。

雨も少し弱くなりました。

雨雲の中に突入していたのかもしれません。

 

 

CIMG6021

 

16時15分、無事に下山完了。

雨降りという洗礼を受けましたが、この一週間後に控えた岩木山登山に向けてまた一つ成長したメンバーでした。

 

 

 

 

マモ