山岳部ロゴ.png

一見さんお断り。とても太い人脈で運営させて頂いております。青森の山を登りましょう。

20141026_01

22days, 16mountains:16日目(10月26日)「月山」

2014/12/05

5:00 起床

カップラーメンとお稲荷を食べて、コーヒーを飲んだ。

登山口で朝を迎えるのが、この旅を通じてとても好きになった。

 

20141026_02

この時期、山形には庄内柿が広く出回っていて、生協で箱買いした。

山旅ではなかなか生の食材を食べれていなかったので、これが異常にフレッシュに感じた。

食後のデザート、移動中の車内で丸かじりしていた。

 

20141026_03

6:30 登山開始

スキー場の駐車場に車を止め、舗装道路を少し登る。

リフトも運行している。

 

20141026_04

この日も実に天気が良い。

赤茶けた山を見ながら進んでいく。

 

20141026_05

20141026_06

序盤の2ヶ所に水場があった。

これ以降、山頂まで水場は無い。

 

20141026_07

7:20

水場を過ぎると間もなく、木道に変わる。

これが尾根くらいまで長く続き、疲れてしまう。

 

20141026_08

尾根に出ると月山の北西が広く見渡せた。日本海が近い。

はるか向こうに見える山は鳥海山。次にトライする山だ。

 

20141026_09

8:10

ここから月山山頂への岩場の急登が始まる。

西側から向かうので日陰になって、日なたとは全く異なる気温。雪もまだ残っていた。

 

20141026_10

8:20

陽が当たるところまで一気に登ってきた。

頂上は近い。

 

20141026_11

8:25 月山(1,984m)山頂

 

20141026_19

 

月山神社はすでにシーズン終了。雪囲いがされていた。

手前右の緑の建物は山小屋「頂上小屋」だが、こちらも既に閉鎖。

 

20141026_12

信仰の山らしく、至るところに石碑が立っていた。

 

20141026_13

なんだか物足りなかったので、さらに北の方へ行ってみた。

ここからは起伏も少なく、比較的平坦な道になる。

 

20141026_14

9:20 仏生池

この池のそばに山小屋:仏生池小屋があるが、シーズン終了で閉鎖。

 

20141026_18

仏生池前の祠。

 

20141026_17

20141026_15

20141026_16

10:00 「弥陀ヶ原」

ひたすら歩いて広い湿地帯に出た。

「いろは四十八沼」と呼ばれるほど、たくさんの小さな湖沼が点在している。

シーズンに来ればさぞ美しい光景が広がっていることだろう。

ちなみにここからすぐのところに、当初予定していた登山口がある。

すでに閉鎖されているため、月山からここまで誰もいなかった。

 

20141026_20

12:20

再び、月山山頂まで戻りそのまま下山する。日曜日ということで混んでいた。

 

20141026_21

下山中に見つけたアザミ。

 

20141026_22

13:30 下山完了

晴れ渡る青空。実に気分が良かった。

 

20141026_23

どこかでもらったチラシに、月山周辺の温泉の割引券が付いていた。

ここからだと月山志津温泉が激近だった。

あの200円の大井沢温泉ゆったり館も対象だった。150円になってしまう。

 

20141026_24

14:00 月山志津温泉 仙台屋

いくつか温泉宿があったが、私好みのこぢんまり感が漂っていたのが決め手だった。

 

20141026_25

風呂にも浸かれたことで、思い残すことなく出発。

昨日は大規模な迂回&Uターンをかましてしまったので、来た道を戻っていく。

月山を眺めながら車を走らせる。

怪しい雲が出てきた。

 

20141026_26

15:20 月山軒

ここらの周辺道路を通るのはこれで4回目。

少し気になる食堂があったので入店してみた。

月山そばの安直なネーミングのお店。私はこういうのキライじゃない。

 

20141026_27

もつミソラーメン(700円)。

これが量もたっぷり、美味しかった。

 

20141026_28

16:40

西日に照らされる庄内平野をひた走る。

いよいよヤバい雲が現れ始めた。これは天候が崩れる典型的な一例。

この時の気温も19℃と妙な暖かさだった。

 

20141026_29

17:50

酒田市に入り、やっとの思いでコインランドリーを探し当てた。

ここで衣類をクリーニングしないとキツい。

インターネットをお手軽に使えない旅のツラいところである。

洗濯機が回る間、書き溜めたメモを整理したり、地図を広げてルートチェックをした。

目指す次の山は鳥海山である。

 

20141026_30

20:00 遊佐町 道の駅鳥海(ちょうかい)

眠い目をこすりながら鳥海山麓の町、遊佐町に到着。

登山口へ向かう鳥海ブルーラインは17時〜翌8時まで夜間通行止め。

ここらが妥当な車中泊ポイントだった。

24時間利用可能のトイレ、道路をわたればすぐコンビニ。立地も申し分無い。

月山軒のもつミソラーメンがまだ腹にあったので夕食は摂らず、

ウィスキーのお湯割りを呑みながらデジカメの画像整理をした。

こういう反芻(はんすう)時間がなかなかに大事である。

ここまで12の山を登った。もう少しでこの山旅も終わってしまう。

そんなことを考えながら寝袋に潜った。

 

 

gassan1

gassan2

*月山(1,984m)【姥沢登山口 〜 月山 〜 弥陀ヶ原 〜 月山 〜 姥沢登山口】

・累積標高 上り=1,350m、下り=1,350m

・歩行距離 19.2 km

 

maps_05

車移動距離:92.1km(月山スキー場 〜 道の駅鳥海)

総移動距離:1,639.7km

 

出費:

鶴岡市=2,303円(ガソリンスタンド:給油)

酒田市=657円(コンビニ:食材)

合計 2,960円(総計 58,723円)

 

 

 

The following two tabs change content below.
YOiCHi
山岳部代表。 経済力以外のすべての力を兼ね備えた変態。 不信任案が出ましたらすんなり次世代に譲ります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>