山岳部ロゴ.png

一見さんお断り。とても太い人脈で運営させて頂いております。青森の山を登りましょう。

20141031_1_2_A01

22days, 16mountains:21日目(10月31日)「姫神山」

2014/12/17

6:00 起床

パスタを茹でてミートソースにして食べた。

 

20141031_1_2_A02

8:00 登山開始

キャンプ場の坂を登り、振り返ると朝日に照らされた岩手山がキレイに見えた。

 

himekami_1

8:10 一本杉

ひと際大きな杉の木。これがこの登山口の名前の由来だ。

 

20141031_1_2_A05

百名山ばかり登ってきて、その多くはブナ林やガレ場だった。

スギ、マツ、ナラの森を歩くのがなんとも懐かしい気持ちになった。

故郷の名久井岳を思い出した。

 

himekami_2

長い階段の急登。結構キツい。姫神山はナメない方がいい。

 

himekami_3

葉が落ちた樹木の樹形を眺めるのもいいものだ。

特に青空がバックにあるとなおさらイイ。

 

himekami_4

徐々に姫神の山にも朝日が差してくる。

本当に太陽の光は温かい。

 

20141031_1_2_A08

9:00 姫神山(1,124m)山頂

その歩行距離、標高では表せない高い難易度がこの山には存在している。

岩の角度がなんとも優しくない。

 

眺望はすばらしく、ほぼ360°の眺望。岩手山がクッキリと見える。

 

20141031_1_2_A09

眼下の森、秋の色彩。

 

himekami_5

9:50 下山完了

まだアザミが咲いていた。

 

20141031_1_2_A12

10:40

かなり時間が空き、ここで装備の乾燥メンテナンスをした。

天気もよく、微妙な湿気が飛んで快適な感じに。

 

20141031_1_2_A13

13:50 道の駅 石神の丘

姫神山から北上して、沼宮内の道の駅までやってきた。

道の駅の端末で周辺情報を調べていたら、アンケートバイトに捕まり、30分ほどロスしてしまった。

レストランに入り、おすすめランチのチキンカツ定食を食べた。

久しぶりの肉料理に心が躍った。

 

20141031_1_2_A15

17:20

11月2日の山岳部の八幡平ツアーまでにあと1日余裕がある。

例によって道に迷いながら、次の七時雨山(ななしぐれやま)を目指す。

 

20141031_1_2_A16

17:40 七時雨山:西根寺田登山口

人気の全く無い山道を車で上がっていくと登山口を発見した。

立入禁止では無いものの、錆びた鉄の柵がなんともおどろおどろしい。

あまりポピュラーではない登山道かもしれない。

心の底から沸き起こる「ここじゃ無い」感。引き返すことにした。

 

20141031_1_2_A17

18:00 七時雨山:田代平(たしろだいら)登山口

迂回して回り込み、こちらの登山口を見つけた。

こちらは一般道路からも近く、公衆トイレもある広い駐車場があった。

心の底から沸き起こる「ポピュラー」感。ここで車中泊することとした。

 

 

himekami2

himekami1

*姫神山(1,124m)【一本杉登山口 〜 姫神山 〜 一本杉登山口】

・累積標高 上り=579m、下り=555m

・歩行距離 5.4 km

 

maps_10

車移動距離:84.6km(一本杉キャンプ場 〜 道の駅 石神の丘 〜 イオン 〜 七時雨山:田代平登山口)

総移動距離:2,209.5km

 

出費:

岩手郡岩手町=650円(レストラン:チキンカツ定食)

盛岡市=1,471円(イオン:食材)

合計 2,121円(総計 76,579円)

 

 

 

The following two tabs change content below.
YOiCHi
山岳部代表。 経済力以外のすべての力を兼ね備えた変態。 不信任案が出ましたらすんなり次世代に譲ります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>